ホワイトニングを効果的に行うために、まず最初に歯の清掃と歯垢の除去、むし歯の有無の確認を行います。むし歯があってもホワイトニングを行うことはできますが、むし歯の程度によっては治療をホワイトニング前に行うか後に行った方が良いかを歯医者さんと確認します。次に歯茎に薬剤がつかないようにプロテクタを装着します。その後、ホワイトニング剤を歯に塗布していきます。
約2~3分(施行者によっては約10分程の所もある)薬剤を浸透させるためにおいておきます。一定時間経ってから、薬剤を塗布した歯に光線を照射し、薬剤を拭き取ります。この工程を続けて2回行うこともあります。
ホワイトニング後の歯は敏感なので、歯の表面をミネラルパックでコーティングします。これをすることで、ホワイトニング効果の維持を高めることができます。
ホワイトニング後の注意として、24時間程度は色の濃いもの飲食は控え、冷たいもの、熱いもの、酸味の強いものなどは避ける方がよいです。もちろん、喫煙も避ける必要があります。
ホワイトニング直後は歯の水分が低下し、敏感な状態になっているため、歯がしみたり、痛みを感じることもありますが、たいてい1~2日程で治まります。もし、痛みなどが持続するようなら歯医者さんに相談することをお勧めします。

自宅で出来るホワイトニングもおすすめ!
プレミアムブラントゥースの口コミはこちら!